歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

ちょっぴり自慢できるコトバの語源 「侍(さむらい)」と「武士」ってどう違うの?それぞれの語源から違いについて紹介

「侍(さむらい)」と「武士」ってどう違うの?それぞれの語源から違いについて紹介

武士(ぶし、もののふ)

対する武士はと言えば、武をもって職能・生業とする者(士)を意味し、仕官の有無に関係なく「武を自らの本分とする」者であれば、たとえ浪人でも武士と言えます。

武に生きた浪人たち。彼らもまた武士だった(イメージ)

そもそも士という漢字は男性器の象形から転じて成人男性を指し、大人は自分の力や技量で生活を立てることから、現代でも弁護士や介護士などのように、特定の職能を示す言葉として使われ続けています。

また、武士を「もののふ」と読むこともありますが、これは律令時代の物部(もののべ、もののふ)氏と同じく、物≒得物=武器=武(軍事や刑罰、治安維持など)を表わし、部(べ、ふ)とはそれを担当し、取り扱う者すなわち武人を意味します。

3ページ目 侍は武士の中でも特別な存在

 

RELATED 関連する記事