歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

変態と呼ばないで!読めそうで読めない老舗の暖簾で見かける「変体仮名」とは?

変態と呼ばないで!読めそうで読めない老舗の暖簾で見かける「変体仮名」とは?

この夏、つるっと冷たいざるそばや鰻で精をつけた人も多いのでは?

…ところで、暖簾や看板でよくみる下記の文字、きちんと読めますか??

神田まつやさんの暖簾で、「生そば」と書いてあります。

他にも天ぷら屋、寿司屋など、日本料理の老舗に多い看板。習慣的にどう読むのかは知っていても、どうして存在するのかを知っている人は少ないのでは。

そこで調べてみると、これらの文字は漢字ではなく立派な平仮名。

え?平仮名?

そう、これは標準で使用している47文字以外の平仮名で、「変体仮名」と呼ばれる文字だったのです。

↓生そばの「そ」は「楚」、「ば」は「者」に濁点をつけた仮名と思われます。

2ページ目 変体仮名とは?

 

RELATED 関連する記事