手洗いをしっかりしよう!Japaaan

江戸時代の恋愛や不倫、同性愛、ラブグッズ事情など…教科書では教えてくれなかったこと

江戸時代の恋愛や不倫、同性愛、ラブグッズ事情など…教科書では教えてくれなかったこと:2ページ目

江戸時代の同性愛事情

江戸時代の書物や浮世絵には、当時の男色(男性同士の同性愛)の環境がどのようなものだったかを知る資料が豊富に残されています。実際、江戸時代以前は男色の経験がある男性は多かったのですが、男色の関係にいたる理由は”快楽のため”だけではありませんでした。

江戸時代以前の男色は決して「快楽のため」だけではない?恒例の儀式や同志の契りを交わす意味も大きかった

先日の記事でも少し触れましたが、江戸時代の書物や浮世絵には女性同士の同性愛に関するものが少ないのに対し、男性同士に関するものは、当時の男色(男性同士の同性愛)の環境がどのようなものだったかを知るには事…

男娼も存在しており、男娼は陰間と呼ばれ、男娼と遊ぶための「陰間茶屋」なる施設までありました。

江戸時代、男色のための陰間茶屋には客を満足させる為にネギが常備されていた?

美しい外見であるために男色が盛んだった江戸時代。男娼は陰間と呼ばれ、陰間茶屋で遊ぶ人たちもいました。[insert_post id=59538]陰間たちは、子供の頃から役者の候補生…

男娼がいる江戸時代の「陰間茶屋」客は男性だけではなく女性にも人気だった?

吉原に通う人がいる一方で、陰間茶屋に通う人もいました。陰間というのは男娼のことで、陰間がいる茶屋は陰間茶屋または野郎屋と呼ばれることも。全国各地にありましたが、その中でも有名だったのは芳町です。宝暦(…

一方で、江戸時代の女性同士の恋愛、レズビアンの文化に関しては、当時の書物や浮世絵を見ても、あまり触れられていません。

実際に、江戸時代にレズビアンはほぼ存在していなかったのか?というと違い、男子禁制の女の園「大奥」や、江戸吉原の遊廓、女牢の中などでは、レズビアンは少なくなかったと言われています。

記録が少ない江戸時代のレズビアン事情…女性の同性愛の環境はどのようなものだったの?

Japaaanではこれまでに江戸時代の様々な恋愛事情を紹介してきました。庶民の基本的な恋愛、吉原遊廓での遊女とのかけひき、男色文化…。でも、江戸時代の女性同士の恋愛・レズビアンの文化は、様々な…

擬態的な同性愛という奇妙な風習。遊郭や大奥など「女の園」にあった類似点とは?

江戸の「女の園」「女の園」と聞いて、あなたならどんなイメージを抱きますか?筆者の周囲にいた男性の中には「選りすぐりの美女がいっぱい」「ハーレム♪」と妄想全開になっていた人もいました。[in…

3ページ目 江戸時代の愛人稼業

 

RELATED 関連する記事