観光・地域 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

今がちょうど見頃です!名所 堀切菖蒲園、歌川広重も描いた江戸の風流を味わえる江戸百景

今がちょうど見頃です!名所 堀切菖蒲園、歌川広重も描いた江戸の風流を味わえる江戸百景

葛飾区の名所・堀切菖蒲園

東京都葛飾区にある「堀切菖蒲園」をご存じですか?京成線・堀切菖蒲園駅から徒歩七分程度の場所にあります。今年4月にリニューアルしてバリアフリーも進み、お手洗いも新設され散策しやすくなりました。

昨年も同じ時期に紹介した、江戸の風流を感じる葛飾区の名所です。

今に残る「名所江戸百景」最高にフォトジェニックな東京・堀切の花菖蒲が見ごろ

江戸時代の大人気浮世絵師・歌川広重のヒット作の一つ、「名所江戸百景」シリーズ。名前の通り、江戸の名所を100か所以上も描いた風景画の浮世絵の大作です。今回はその中から今も変わらずに残る貴重な名所、見ご…

約200種5000株の菖蒲が所狭しと咲き誇り、しっとりとした紫や白の花が目に涼しげです。名前も風雅で「十二単衣」「星月夜」「御所の遊」、相撲部屋の名跡にもある「立田川」「武蔵川」という名前もあります。

茄子のような藤紫、赤みがかった薄紅、白い花弁にうっすら紫色がしみているようなぼかし、完全に白いものなど数え切れないほど品種がありますが、大きく分けて三つの系統にわかれます。

  • 江戸系…堀切で収集改良された品種の総称。集団で植えます。
  • 肥後系…後述する旗本の松平左金吾から藩主に渡り改良されたもの。大ぶりで背が低く、鉢植え向き。
  • 伊勢系…詳細不明ですが、松阪の吉井定五郎という武士が改良したといわれています。弁の垂れ方が優美。

中でも堀切菖蒲園では「江戸古花」といって江戸時代の品種を咲かせているので見応えがあります。

万里の響(江戸古花)

星月夜(肥後)

武蔵川

2ページ目 菖蒲に生涯をかけた侍と農民

 

RELATED 関連する記事