歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

西郷どんの予習に!幕末の英雄・西郷隆盛の10の歩みを分かりやすく解説 [明治編]

西郷どんの予習に!幕末の英雄・西郷隆盛の10の歩みを分かりやすく解説 [明治編]

⑩士族の不満の受け皿となり担がれた西南戦争

明治6年に下野して鹿児島に帰った西郷は、士族のための私学校を創設。西郷自身にはもはや私心や野望はなく、不平士族の若者たちを教育することで統率し、暴発を抑制する事のみを考えていました。

私学校跡 出典元:Wikipedia

しかし西郷の思いとは裏腹に、明治10年、私学校の生徒が暴発。西郷は周囲に集まった血気盛んな士族たちに担がれ、ついに西南戦争に踏み切ったのです。

芳年「鹿児嶋県暴徒高橋并川尻戦争ノ図」国会図書館蔵

半年余りの戦いののち、鹿児島の城山の地で西郷は自決。介錯の別府晋介に向けた「もうここらで、よか」という言葉は今なお語り継がれています。

参考文献:

 

RELATED 関連する記事