歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 門人には福沢諭吉やあの偉大な漫画家の曾祖父もいた、緒方洪庵が江戸時代に開いた「適塾」ってどんな塾?

門人には福沢諭吉やあの偉大な漫画家の曾祖父もいた、緒方洪庵が江戸時代に開いた「適塾」ってどんな塾?

幕末の蘭学者・緒方洪庵(おがた こうあん)が大坂に開いた塾といえば、適塾(てきじゅく)

緒方洪庵は備中(岡山県)の足守藩士の三男で、文政2(1825)年父が大坂蔵屋敷の留守居役になったのがきっかけで、大坂に出てきました。そして、その翌年、蘭学の修行をスタート。

「緒方洪庵肖像」 1901年(明治34年)五姓田義松画

天保2(1831)年には江戸に移り、蘭学医・坪井信道の塾に入ります。翌年には、翻訳書「人身窮理学」を完成。当時有名だった蘭学医・宇田川玄真の所にも出入りするように。

そして…ついに、天保9(1838)年に適塾を開くのです。

適塾(Wikipediaより)

適塾は、基本的に蘭方医学の塾ですが、医学に限定していません。オランダ語を通じて、当時の西洋の知識や技術を学ぼうというのが、真の目的でした。

この塾に一冊しかなかったという辞書「ヅーフ波留麻」は、みんなで奪い合うようにして、見ていたそう。この辞書で、きっといろんなことを学んでいたのですね。適塾に入門したいと、日本全国から多くの人がやってきました。北海道から鹿児島までというから、日本中で有名だったことがうかがえます。

2ページ目 漫画家・手塚治虫の曾祖父も門人だった

 

RELATED 関連する記事