アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

画材はチョークのみ!黒板アートで最優秀賞に輝いた超大作「おせち料理」が素晴らしすぎる!

画材はチョークのみ!黒板アートで最優秀賞に輝いた超大作「おせち料理」が素晴らしすぎる!

ホワイトボードや黒板を扱っているNichigakuが主催する「日学・黒板アート甲子園」。中学・高校生を対象に黒板をキャンバスにアート作品を披露するこの大会。このほど2019年度の入賞作品が決定し、作品が披露されました。

その中で、メイン大会の最優秀賞を獲得した黒板アート「おせち料理」が素晴らしすぎるのです!その作品がこちら。

福島県立会津学鳳高等学校(会津学鳳高校美術部)「おせち料理」

これ、黒板に描いてるんですよ!見てると腹減る〜♪

この作品は福島県立会津学鳳高等学校(会津学鳳高校美術部)の生徒さん5名で制作したもので、日本の古き良き伝統文化であるおせち料理を黒板アートで表現。

黒板全体を重箱に見立てて、おせち料理の豪華さや美味しさ、そして食材の質感も再現された、素敵な作品に仕上げられています。

もちろん黒板をキャンバスとしたアート作品なので、画材は学校黒板用チョークのみ。画材を制限された中でここまで表現できるのってスゴい!

黒板アート甲子園の入賞作品はホームページに掲載されており、力作揃いなので驚きの連続。みなさんも是非チェックしてみてください!

静岡県立富士宮東高等学校(zoo+) 「女嶽三六〇度オッ景?」

埼玉県立大宮光陵高等学校(Emotion quartetto)「蛸の憤怒」

画像:黒板アート甲子園ホームページより

日学・黒板アート甲子園2019

 
 

RELATED 関連する記事