ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

日本人独自の発想「酔っ払い=頭ネクタイ」を最初に始めたの誰なんだ問題

日本人独自の発想「酔っ払い=頭ネクタイ」を最初に始めたの誰なんだ問題

これから年末に向けて忘年会シーズンになりますが、飲み会で泥酔した人を思い描くとき、頭にネクタイを巻いた姿「頭ネクタイ」を想像する方も多いのではないでしょうか。実は、酔っ払い=「頭ネクタイ」という感覚は、日本人独特の発想らしく、外国ではほとんど見ることがありません。

では、そもそも頭にネクタイを巻くという発想は、どこから来ているのでしょうか。今回は諸説ある「頭ネクタイ」のルーツをまとめてみました。

老若男女に人気のあった植木等が酔っぱらいの芸として広めた

酔っぱらうと頭にネクタイという定番のイメージが広がったのは、植木等がドラマの中でやっていたのが日本中に広まったという説があります。

植木等が「無責任一代男シリーズ」でやっていたのをみたお茶の間のお父さんたちが真似をし始めて全国に広がったと考えられています。

「頭ネクタイ」を流行らせたのは植木等!?

2ページ目 歌舞伎や浄瑠璃の鉢巻結びから広まった説?

 

RELATED 関連する記事