歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

美しき女武者!木曾義仲と共に戦いその最期を語り継いだ女武者・巴御前の生涯(下)

美しき女武者!木曾義仲と共に戦いその最期を語り継いだ女武者・巴御前の生涯(下)

前回のあらすじ

平家一門を打倒すべく、木曽義仲(きその よしなか)の挙兵に従った美しき女武者・巴御前(ともえごぜん)

その武勇も手伝って、信越や北陸の戦場で平氏軍に連戦連勝、いよいよ京都から平家一門を追い出した功績により、義仲は「朝日の将軍」という称号を賜るなど人生の絶頂期を迎えたのですが……。

前回はこちら。

美しき女武者!木曾義仲と共に戦いその最期を語り継いだ女武者・巴御前の生涯(上)

「色白く髪長く、容顔まことに優れたり。強弓精兵(ごうきゅうせいひょう)、一人当千の兵者(つわもの)なり」『平家物語』(木曾殿最期)にそう記された美しい女武者こそ、木曾冠者(きそのかじゃ)こと源義仲…

奢り高ぶる義仲、英雄から一転・逆賊に

京都から平家一門を追い出した功に奢った義仲は、しだいに傲慢な振舞いが目立つようになり、恩賞の少なさに不満を持った寄せ集めの兵たちが、各所で略奪や暴行などの乱暴狼藉を働きます。

その惨状を、当時の公卿・九条兼実(くじょう かねざね)は自身の日記『玉葉』にこう記します。

「凡そ近日の天下武士の外、一日存命の計略無し。仍つて上下多く片山田舎等に逃げ去ると云々。四方皆塞がり、畿内近辺の人領、併しながら刈り取られ了んぬ。段歩残らず。又京中の片山及び神社仏寺、人屋在家、悉く以て追捕す。その外適々不慮の前途を遂ぐる所の庄上の運上物、多少を論ぜず、貴賤を嫌わず、皆以て奪ひ取り了んぬ」
※『玉葉』寿永二1183年9月3日条

【意訳】最近は武士以外に生き延びるすべがなく、多くの人々が京都から逃げてしまった。京都周辺では作物が荒らされ、食糧もろくに残らぬ有様。京都じゅうの神社仏閣、民家が破壊され、朝廷への貢ぎ物すら奪われる始末……。

こうなると、木曾軍は「平家一門を追っ払ってくれたヒーロー」どころか「平家一門よりもたちの悪いインベーダー(侵略者)」に転落、たちまち嫌われてしまいます。

やがて義仲を討伐するよう鎌倉の頼朝公に命令が下され、義仲は頼朝公に派遣された源義経の軍勢と、宇治川を挟んで戦うことになります。

時は寿永三1184年1月20日、世に言う「宇治川の戦い」です。

2ページ目 宇治川・最後の戦い

 

RELATED 関連する記事