歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

美しき女武者!木曾義仲と共に戦いその最期を語り継いだ女武者・巴御前の生涯(上)

美しき女武者!木曾義仲と共に戦いその最期を語り継いだ女武者・巴御前の生涯(上)

「色白く髪長く、容顔まことに優れたり。強弓精兵(ごうきゅうせいひょう)、一人当千の兵者(つわもの)なり」

『平家物語』(木曾殿最期)にそう記された美しい女武者こそ、木曾冠者(きそのかじゃ)こと源義仲(みなもとの よしなか)のパートナーとして名高い巴御前(ともえごぜん)

月岡芳年「英名組討揃」より、敵を組み伏せる巴御前。慶応元1865年。

強く賢く美しく、そして愛するパートナーとの別れ……と、ヒロイン要素バッチリな彼女ですが、今回はその生涯をたどってみたいと思います。

巴御前の出自

菊池容斎「巴御前」。

彼女の生まれた年ははっきりせず、書物によって大きく異なるのですが、最も早いもので仁平三1153年、最も若いもので長寛元1163年と、10年ばかりの開きがあります。

※しかし折角なので、ひとまずここでは最も若い長寛元1163年説を採ります。

ともあれ巴は信州(現:長野県)木曾の豪族(庄司。荘園の役人)・中原権頭兼遠(なかはらの ごんのかみ かねとお)と千鶴御前(せんつる/ちづるごぜん)の娘として生まれました。

彼女の兄弟には、主君・義仲の乳兄弟として共に最期まで戦い抜いた今井兼平(いまいの かねひら)はじめ、義仲を全力で支えた豪傑たちが勢揃い。

まさに総出で「木曾の御曹司」義仲に忠義を尽くした一族と言えます。

2ページ目 巴のパートナー・木曾義仲の生い立ち

 

RELATED 関連する記事