ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

実は郵便局員が広めた?ふりつけが難しい…という理由で変更もあった「ラジオ体操」の振り付け

実は郵便局員が広めた?ふりつけが難しい…という理由で変更もあった「ラジオ体操」の振り付け

夏休みになると、朝早くから近所の公園で子供たちが並んでラジオ体操をしている姿。微笑ましい夏の風物詩として記憶されている方も多いかもしれません。

一方、近年では、騒音問題や保護者の負担軽減のために、自治体によってはラジオ体操を廃止してしまったり、期間を短縮しているところもあるのだとか。ラジオ体操自体を知らない子どもたちも増えてきているそうで、少し寂しい気持ちになります。

そんなラジオ体操ですが、元々は誰が初めて、そして広まっていったのでしょうか。今回は、ラジオ体操の歴史についてみていきたいと思います。

ラジオ体操の歴史

ラジオ体操は、元々、「かんぽ生命」の前身である逓信省簡易保険局がアメリカのラジオ体操をヒントに考案し、1928年11月1日に東京中央放送局から「国民保健体操」として放送が始まりました。

国民の健康増進を目的として開始され、天皇の御大典記念事業の一環としてはじめられたようです。その後、ラジオの普及とともに全国に広がりましたが、「ラジオではふりつけが伝わらない」という問題がありました。

そこで、正しいふりつけを伝えるために、郵便局員に正しいふりつけを覚えてもらい、郵便局員が手紙とともに振りつけを人々に広めたそうです。

2ページ目 「ふりつけが難しい」という理由で放送中止?

 

RELATED 関連する記事