歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

お色気あり、ブラックなお話もあり?「今昔物語」に登場する医師は個性派キャラ揃い

お色気あり、ブラックなお話もあり?「今昔物語」に登場する医師は個性派キャラ揃い

平安時代、朝廷では典薬寮(てんやくりょう)と言う医療専門の機関をもうけていました。民間にも医療従事者はいましたが、この時代を代表するのは何といっても優れた技術や、海外から取り寄せた薬を調合して高貴な人々を相手にする医師達で、今回は『今昔物語』に登場する医師の中から、選りすぐりのエピソードを紹介致します。

病草紙より(部分)

女性患者に惚れこんだ老医師…その恋の行方は?

まず最初に紹介するのは、典薬寮に勤務する老師の話です。この老師は典薬頭(てんやくのかみ)の地位を朝廷から賜った、典薬寮の長官なのですが、彼の館に一人の女性が来ます。

彼女は下半身に出来た腫れ物を治して貰いに来た患者で、赤の他人である老師の前で衣服をはだけさせ、治療を依頼して来たのです。老師は医師としてこの美女を哀れむと同時に、内心では惚れこんでしまったのもあり、自らが治療にあたって完治させます。しかも、美女の方からも交際を望むかのような言葉も聞けて、老師は大満足。

が、そこで思いもよらぬ出来事が起きました。夕食を出そうと美女の部屋に行くと、上着や櫛箱が放置され、もぬけのからではありませんか。実はこの女性、病気が治るや否や女好きの老師を撒いて、謝礼代わりの品物を置いて行方をくらましていました。せっかくのチャンスを逃がした老師、悔しくて人目もはばからずに泣きじゃくったと言うことです。

2ページ目 患者に口封じとして狙われる…絶体絶命の医師

 

RELATED 関連する記事