ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

1人はのっぽであとはチビ…子供の頃踊った「アブラハムの子」の謎の歌詞は旧約聖書の創世記からだった!

1人はのっぽであとはチビ…子供の頃踊った「アブラハムの子」の謎の歌詞は旧約聖書の創世記からだった!

「アブラハムには7人の子 1人はのっぽであとはチビ♪」

皆さんは幼稚園や保育園の頃、お遊戯会や運動会などで、こんな歌に合わせて踊りを踊ったことはありませんでしたか?

「アブラハムには7人の子 1人はのっぽであとはチビ…」



軽快な音楽に合わせて右手・左手・右足・左足・頭・お尻・回って…と身体を動かす部分を増やしていく「アブラハムの子」、印象に残っている方も多いのではないでしょうか?

こんなにもよく知られてインパクト大!のこの歌ですが、その知名度とは裏腹に、歌の内容は謎だらけですよね。

そもそも「アブラハム」とは?

「1人はのっぽであとはチビ」とはどういうこと?

今回は、謎に満ちたこの歌の内容に迫ってみました。

2ページ目 内容は旧約聖書の『創世記』から

 

RELATED 関連する記事