ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

日本の左官職人さんが伝統技法で美しく創り上げた「珪藻土バスマット」がステキ!

日本の左官職人さんが伝統技法で美しく創り上げた「珪藻土バスマット」がステキ!

ここ数年でいろんなメーカーから続々と新商品が登場している珪藻土バスマット。足の裏の水分をすばやく吸い取ってくれて、時間がたつと自然乾燥してくれることで人気です。

珪藻土バスマットを製造するブランド「soil(ソイル)」から、左官職人さんの技術力、日本のものづくりの素晴らしさを伝えるべくクラウドファンディングで限定商品「soil BATH MAT kaji」が発表されました。

「soil(ソイル)」は今年で10周年を迎えるブランドで、これを記念して発表されたのが、soilの左官職人 梶 昌一さんがつくる特注珪藻土バスマット「soil BATH MAT kaji」。左官職人の梶昌一さんはsoil 製造の全ての監修を行っている職人さんで、今回発表された商品は、すべて梶さんの手により一枚一枚丁寧につくられています。

高度な技術を必要とする日本伝統の左官技法を取り入れているため、製造できるのは一日に数枚のみの希少な製品なんだそうです。

バスマットとしての機能性はもとより、そのデザイン性にも注目なのです。デザインは全4種用意されており、味気ないデザインの珪藻土バスマットとは一線を画すステキな表情をしているんです。

洗い出し(ブラック/黒石)、(ホワイト/白石 )

研ぎ出し(ピンク / グリーン / ブルー)

 

マーブル(ピンク / グリーン / ブルー)

かき落とし(ホワイト)

モダンなデザインにも伝統的な左官技術が利用されており、優れた吸水性・吸湿性・調湿性は損なわれていません。なお、珪藻土は、日本国内で採れた良質の珪藻土を使用しています。

伝統の左官技術を持つ職人さんが手がけた希少な珪藻土バスマットで、日本のものづくりの素晴らしさを暮らしの中で体感してみてはいかがでしょうか?

 

soil製造の礎、 左官職人「梶昌 一」がつくる特注珪藻土バスマット

 

RELATED 関連する記事