歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

いわゆるパワハラ?明智光秀が本能寺の変に踏み切った理由は信長に「金柑頭」というあだ名を付けられたから?

いわゆるパワハラ?明智光秀が本能寺の変に踏み切った理由は信長に「金柑頭」というあだ名を付けられたから?

光秀は本当にハゲていたのか?

明智光秀 肖像※光秀の肖像画(大阪府岸和田市 本徳寺所蔵 慶長十八・1613年賛 絹本著色)

とは言え、「光秀=ハゲ」説については他にも多々取り上げられ、近年では司馬遼太郎『国盗り物語』や大河ドラマ『おんな城主直虎』などでも言及されています。

中には、光秀の文字を分解し、光の下半分(儿)に秀の上半分(禾)を載せると「禿(ハゲ)」になるという俗説など、どうあっても光秀の頭髪を不自由にしたいかのようです。

光秀の肖像画からはそこまで薄毛にも見えませんが、もしかしたら、実は私たちから見えないところで、人知れず悩んでいたのかも知れませんね。

 

RELATED 関連する記事