グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

戦に備えよう!戦国時代の陣中食からヒントを得た日本茶を使ったシリアルバー「& BAR」

戦に備えよう!戦国時代の陣中食からヒントを得た日本茶を使ったシリアルバー「& BAR」

「戦国時代の陣中食からヒントを得たシリアルバー」…もうこのコメントを見ただけで歴史ファンはみ〜んな前のめりになっちゃいそう♪ そんなシリアルバーが登場しました。

お茶の成分を主役に、日本由来の穀物と日本茶を使ったシリアルバー「& BAR」です。

「& BAR」は、日本茶を中心としたライフスタイルを提案するTeaRoomによるシリアルバーで、戦国時代の陣中食に着想を得て現代風にアレンジしたんだそうです。

戦国時代の武将たちは、いつ戦がはじまり、いつ食物の供給路を絶たれるか気を揉む毎日。長期戦ではとくに栄養不足が課題になることもしばしば。そのとき手元に運んでいたのが「陣中食」で、栄養摂取と携帯性にとても優れており、戦中でも兵士たちの命綱としてさまざまな役目を果たしていました。

また、陣中食には栄養摂取の他にも”安らぎ”をもたらせる役割もあったそうで、不安で眠れないときのための食事もあったんだとか。

そんな陣中食をアレンジした「&BAR」は、お茶の成分を加えることで少ない時間でも安らぎ落ちつく効果を発揮。乳製品・動物性食材や白砂糖を使用せず、糖質をできる限り減らし、低糖質なシリアルバーとなっています。

結び松(むすびまつ)/抹茶味

無事や幸運を祈ったりするため、松の小枝を結び合わせておくことの意。何かを始める時、あなたの活躍を祈り、見守ります。

舟津(ふなつ)/和紅茶味

船が風波を避けるために停泊する場所の意。少し疲れた時、ホッと一息つくあなたの船着場となります。

静心(しずごころ)/ほうじ茶味

静かな心、落ち着いた心の意。もうひと踏ん張り、そんなあなたに優しく寄り添います。

ネーミングもステキですね。これらのネーミングは、3種類それぞれの効能を万葉集に照らし合わせて付けているそうですよ。戦国時代の陣中食からヒントを得たシリアルバー「& BAR」は現在、クラウドファンディングを実施中です。

 
 

RELATED 関連する記事