アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

東映の有名なオープニング映像を超リアルに再現してしまったハンドメイド作品が素晴らしすぎる!

東映の有名なオープニング映像を超リアルに再現してしまったハンドメイド作品が素晴らしすぎる!

映画の本編が始まる前に流れる映画の制作・配給会社各社のオープニング映像がありますが、日本人なら一度は、岩に打ち付ける荒波の映像を使った東映のオープニングを見たことがあるでしょう。

東映公式Twitterより

あのオープニング映像を、ハンドメイドアクセなどを作る時にも使われる樹脂”レジン”を使って再現した作品が話題になっています。その作品がこちら。

めちゃくちゃリアルじゃないですかこれ!この作品はJadeさん( @jad_ko )さんがTwitterで公開した作品で、現在ではこのツイートは90,000RTを超え、28万以上ものイイネが付けられています。

映画館でみる荒波を手のひらサイズに収めた作品。コンパクトすぎるその作品に愛らしさまで感じてきてしまいます。その後、Jadeさんはこの作品を360度見渡せるように動画も公開。あの映像を裏側から見ることはありませんが、どこからみてもそのリアルさにはびっくり。

この作品には東映の公式アカウントも反応し、「素敵なクリスマスプレゼントをありがとうございます!」とのコメントも残しています。

東映のあの有名なオープニングをレジンでコンパクトに再現するという発想自体がもうあっぱれであります。みなさんも是非チェックしてみてください!

 

RELATED 関連する記事