日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

殿、可愛すぎますぞ!江戸幕府3代将軍「徳川家光」が描いた脱力系ユルふわ日本画がついに初公開

殿、可愛すぎますぞ!江戸幕府3代将軍「徳川家光」が描いた脱力系ユルふわ日本画がついに初公開

江戸時代に描かれたヘタウマ日本画といったらどんな絵師の作品を思い浮かべますか?Japaaanでも何度か紹介している仙厓義梵(せんがいぎぼん)耳鳥斎(にちょうさい)が思い浮かぶ人も多いでしょう。

しかし!Japaaanでまったくマークしていなかった絵師のヘタウマ作品がこのほど初公開されることになりました。その絵師とはなんと江戸幕府 第三代将軍「徳川家光(とくがわいえみつ)」なのです。

初公開となる家光の作品がこちら。

徳川家光 《兎図》(部分)

殿!センス抜群じゃないか!

この作品は徳川家光が描いたとされるウサギの絵。ユルくて良いなぁ。描かれてから300年以上の時を経てもなお人の心を揺さぶるパワーがこの絵にはあるわけです。ヘタなのかウマいのかよくわからないけど、とにかく可愛すぎるぞ将軍!

家光が描いた作品はこの作品を含めて十数点しか発見されていないそうですが、2019年3月16日から府中市美術館で開催される「春の江戸絵画まつり へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで」という展覧会で、家光の本作が公開されるんです。

家光の作品も気になりますが、まずこの展覧会の名前からしてかなり魅力的なネーミング。本展では中世の禅画から現代のヘタウマまで、 日本の美術史に点在する「へそまがりの心の働き」のせいかとも言える作品たちにスポットを当てた展覧会。

先に紹介した仙厓義梵や、伊藤若冲、長沢芦雪、与謝蕪村といった人気絵師の脱力系の作品たち集結します。ユルふわな日本画を特集する展覧会は時々目にすることはありますが、家光の作品が初公開となるとお楽しみ度倍増ですね。

展覧会「春の江戸絵画まつり へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで」は2019年3月16日(土曜日)から5月12日(日曜日)の期間、東京 府中市美術館で開催されます。

春の江戸絵画まつり へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで

  • 会期:2019年3月16日(土曜日)から5月12日(日曜日)まで
    前期 3月16日(土曜日)から4月14日(日曜日)
    後期 4月16日(火曜日)から5月12日(日曜日)
    作品の展示替えあり。
  • 休館日:月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火曜日)
  • 開館時間:午前10時から午後5時(入場は午後4時30分まで)
 

府中市美術館

 

RELATED 関連する記事