ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

京都の伝統技法「しごき染」と繊細な伊勢型紙で作られたスタイリッシュなオフィスアイテムが素敵!

京都の伝統技法「しごき染」と繊細な伊勢型紙で作られたスタイリッシュなオフィスアイテムが素敵!

京都の「しごき染」という染色技法を知っていますか?

「しごき染」とは、型紙を使用する京小紋を染めるために手仕事で行われる染色技法で、1枚の生地に裏・表ともに色柄をかえてリバーシブルで染めることができます。他の染色技法と異なり、発色がとても美しく柄がはっきりと染め上がるそうです。

今回はそんな「しごき染」の染色技法を継承するために立ち上がったブランド「京小紋 SHIGOKI」の、オフィスで使えるスタイリッシュなアイテムたちを紹介します。

「京小紋 SHIGOKI」のアイテムを見てみると、ビジネスシーンで活躍するアイテムが揃っています。オフィスにも溶け込む落ち着いたデザインでありながら、文様は伝統的な型紙が使われているので、和の雰囲気が溢れる個性も持ち合わせています。

文様には人間国宝の職人さんによる伊勢型紙が使用されており、とても繊細なデザインが目を引きます。細かく繊細なデザインは、遠くから見たときと近くで見たときの見え方にも違いがあり、さまざまな表情を見せてくれるのも面白いところ。

「京小紋 SHIGOKI」の製品には新潟の五泉で生産されている「塩瀬」という着物の染帯に使用する丈夫な絹織物の生地を使用し作られているのが特徴です。

絹というと耐久性やメンテナンスが昔い印象がありますが、SHIGOKIの製品には水に濡れても縮みにくいよう防縮加工が施されており、さらに水や汚れに強い撥水加工も行われています。だから水に濡れた場合はやさしく水分をふき取ればOK。

オフィスで使うアイテムに伝統工芸を取り入れて、未来への継承に参加してみるのも素敵かもしれませんね。「京小紋 SHIGOKI」は現在、クラウドファンディングサイトMakuakeでプロジェクトにチャレンジしています。

 

京の名工が染める「京小紋 SHIGOKI」

 

RELATED 関連する記事