歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

大発見!第二次世界大戦中に沈没した戦艦「武蔵」が海底で発見されました!

大発見!第二次世界大戦中に沈没した戦艦「武蔵」が海底で発見されました!

マイクロソフト共同創業者のポール・アレン氏がTwitter上で、第二次世界大戦中に沈没した戦艦「武蔵」をフィリピンのシブヤン海、水深1000mの海底で発見したとツイートしました。

戦艦武蔵は第二次世界大戦中に戦闘で使われいた日本の戦艦で、大和型戦艦の二番艦として建造されました。大日本帝国が建造した戦艦としては最後の戦艦になります。

z911当時、沈没寸前の武蔵

戦艦武蔵は戦時中の1944年にフィリピンのシブヤン海で沈没。そして約70年ぶりに写真に収められることになりました。部分的ではありますがポール・アレン氏のツイートで武蔵の姿を確認できます。

今回の発見はポール・アレン氏が所有しているヨット「Octopus」号によるもの。船首の菊の紋も確認できているそうです。今後はさらにこの沈没戦艦が武蔵であると立証するための調査が進められると思われます。

追記:発見された戦艦 武蔵の最新動画が公開、とっても鮮明な映像です

トップ画像: Wikipedia

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる