歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

動乱の時代ともいえる幕末史を国際的な視点から描くドキュメンタリー「AIZU-目覚めよ義の心」

動乱の時代ともいえる幕末史を国際的な視点から描くドキュメンタリー「AIZU-目覚めよ義の心」

美しい会津の自然と、深い日本への造詣を持つバス・ヴァルクス氏、そして松平保久氏が語る会津の歴史の重たさが、ヒシヒシと感じられる作品です。

その中で語られたのが、会津武士道をあらわす「義に死すとも不義に生きず」という言葉。つまり「義を守るために死ぬことはあっても、不義をしながら生きのびることはない」という言葉が、特に印象に残りました。

なぜ会津地方では「明治維新150年」ではなく「戊辰150年」というのか? その答えはまさにこの言葉にあります。戊辰戦争で会津が最後まで守り抜いた『義』。その代償は「会津の悲劇」として語り継がれるほど大きなものでした。しかし会津の武士道は、150年後の私達にも大きな感動を与え、未来を生きる指針として蘇るのです。

この作品では他に、『忠義編』でイギリスの目線から見た彼岸獅子による会津鶴ヶ城無血入城を、『信義編』でフランスの目線から見た白虎隊の精神を、『動義編』でアメリカの目線から見た会津藩校・日新館の教育について、描かれるということです。

テレビでは5月26日(土)にBS朝日、5月27日(日)にBS日テレ、6月2日(土)にBSフジ、6月3日(日)にBS-TBSで放送され、その後、ヒストリーチャンネル、更にYou Tubeで世界に配信されます。

『義』という言葉は日本独特のもので、日本人でもなかなか理解できない難しい言葉です。この『義』が海外の方にどう伝わるのか、非常に興味深いところです。

しかしこの作品が幕末という未曽有の国難に立ち向かった先人達の教えを学ぶきっかけになり、そこから日本の未来を考えるヒントが得られるのではないかということは、充分考えられる作品でした。

是非多くの人に見て頂きたい作品です。

 

 

 

RELATED 関連する記事