ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

本当にみんな平等だったの?縄文時代が決してユートピアではなかったシンプルな理由

本当にみんな平等だったの?縄文時代が決してユートピアではなかったシンプルな理由

学校の日本史で縄文時代の授業を受けたとき、皆さんはどんなイメージを持ったでしょうか。

「縄の文様をつけた土器や、炎のような土器が流行った(多く出土した)」

「食糧は狩猟や採集によって調達、自然と共生していた」

そんな中、先生から特に強調されたであろう「身分や貧富の差がない、平等な社会だった」というイメージ。

やがて稲作が伝わって弥生時代に入ると、人々に財産を蓄える概念が生まれ、そこから貧富や身分の差が生まれていった……そんな歴史ストーリーを組み立てる上で、古き良き「ユートピア(理想郷)」として語られがちな縄文時代。

しかし、本当にそうだったのでしょうか。今回はそれを検証していきたいと思います。

身分制度がなかった?シンプルでシビアな理由

まず、縄文ユートピアの裏付けとしてよく語られるのが「狩猟はみんなが力を合わせないと出来ないから、身分や獲物の分け前=貧富に差がなく平等だった」という説。

確かにクマやイノシシ、あるいはオオツノジカやナウマンゾウといった猛獣を一人で狩るのは難しく、多くの者が力を合わせたであろうことは想像に難くありません。

しかし、狩猟に参加した者すべてが同じだけの働きをしたとは考えにくく、危険を顧みず勇敢に挑みかかった者がいる一方で、元より技量や胆力に欠け、後方で震えていた者だっていた筈です。

当然、働きの大きな者ほど肉の分け前が多かったり、美味しい部位を貰えたりなど厚遇されたでしょうし、その積み重ねによって信用を築き上げ、コミュニティの中で存在感を発揮した(そして多分、女性にもモテた)事でしょう。

2ページ目 身分制度を設ける意味がなかった

 

RELATED 関連する記事