なんとテトリスと日本の工芸品がコラボ!ブロックモチーフのアイテムが素敵です

なんとテトリスと日本の工芸品がコラボ!ブロックモチーフのアイテムが素敵です

1984年ソ連の科学者アレクセイ・パジトノフ氏によって作られ、誰もが一度はプレイしたことがあるゲーム「TETRIS(テトリス)」。なんとテトリスが日本の工芸品とコラボレーションです!

今回紹介するTETRIS FABは、ゲームだけではないテトリスのデザインやコンテンツとしての魅力を、製品やコミュニケーションなどさまざまな形で伝えていくプロジェクト。そのプロジェクトで登場したのが、テトリス×日本の工芸品コラボアイテムなんです。

テトリス×日本の工芸品コラボではすでに10個ものプロダクトが発表されています。笠間焼や越前和紙など人気の工芸品が目白押しです。デジタルな印象が強いテトリスとどのようにコラボしているのか、さっそく見ていきましょう。

ひだの木のテトリス

国産・飛騨の木材を使用し、飛騨高山の職人がテトリスブロックをモチーフに制作した積み木パズル。木の種類によって変わる木肌の色とぬくもり、香り、春慶塗の手触りを実感できる子ども用知育玩具。

飛騨・テトリス積み木パズル

国産・飛騨の木材を使用したテトリミノブロック。同じく木材の台座と曲木の蓋に収納されています。桜の皮の綴じ目デザインをテトリミノモチーフに。

京都・竹重箱

京都の竹を利用し、その模様の美しさに加え、テトリス型の仕分けを入れ込むことにより、料理のバリエーションや楽しい食事を演出できる製品に。

2ページ目 箔押し手貼り竹うちわ、笠間焼の豆皿などなど

 

RELATED 関連する記事