手洗いをしっかりしよう!Japaaan

そうだったの?江戸時代 日本橋、遊郭、長屋…浮世絵で見る、江戸時代を生きる人々のタイムスケジュールはどうなっていた?【その5】

日本橋、遊郭、長屋…浮世絵で見る、江戸時代を生きる人々のタイムスケジュールはどうなっていた?【その5】

今まで“江戸を生きる人々の1日のタイムスケジュールはどうなっていたか”についてご紹介しています。今回は“午後15時~午後17時頃”についてです。

前回までの記事はこちらを御覧下さい。

日本橋、遊郭、長屋…浮世絵で見る、江戸時代を生きる人々のタイムスケジュールはどうなっていた?【その1】

前回まで江戸の時刻についてご紹介してきました。[insert_post id=118823]今回はそんな【時間感覚】を体感し始めた江戸に生きる人々の“一日のスケジュール”を、浮世絵を交…

日本橋、遊郭、長屋…浮世絵で見る、江戸時代を生きる人々のタイムスケジュールはどうなっていた?【その2】

前回は江戸を生きる人々の“午前3時~午前9時前頃”までをご紹介しましたが、今回は“午前9時~午前11時前頃まで”をご紹介します。前回の記事はこちらを御覧下さい。[insert_post i…

日本橋、遊郭、長屋…浮世絵で見る、江戸時代を生きる人々のタイムスケジュールはどうなっていた?【その3】

今まで“江戸を生きる人々の1日のタイムスケジュールはどうなっていたか”についてご紹介しています。今回は“午前11時~午後1時頃”についてです。前回までの記事はこちらを御覧下さい。[in…

日本橋、遊郭、長屋…浮世絵で見る、江戸時代を生きる人々のタイムスケジュールはどうなっていた?【その4】

今まで“江戸を生きる人々の1日のタイムスケジュールはどうなっていたか”についてご紹介しています。今回は“午後13時~午後15時頃”についてです。前回までの記事はこちらを御覧下さい。[i…

夕七つ(午後15時頃から午後17時頃まで)

夕暮れ迫る江戸の町

 

さて、午後3時を過ぎると日は夕方に向かっていきます。

上掲の絵で描かれた“今戸”は隅田川西岸の船着き場として栄え、江戸名物と言われた今戸焼・今戸人形の発祥地です。

隅田川の水を引き込んだ堀割の山谷堀を隔てて、山谷堀に架けられた橋が今戸橋です。「今戸橋上より下を人通る」という吉原通いの船でにぎわった歌も詠まれています。

帰帆の頃

 

芝浦は古く竹芝の浦といったのを縮めてこう呼びました。豊かな漁場であり芝雑魚場という魚市場がありました。芝浦でとれた魚は“芝肴”と称され江戸に広く出回り、将軍にも献上されました。いわゆる“江戸前”です。

芝浦の海上の船舶の往来は頻繁であり、夕暮れには帆船が浜へ向かって帰る情景が見られました。

2ページ目 突然の夕立

 

RELATED 関連する記事