手洗いをしっかりしよう!Japaaan

そうだったの?江戸時代 日本橋、遊郭、長屋…浮世絵で見る、江戸時代を生きる人々のタイムスケジュールはどうなっていた?【その4】

日本橋、遊郭、長屋…浮世絵で見る、江戸時代を生きる人々のタイムスケジュールはどうなっていた?【その4】

今まで“江戸を生きる人々の1日のタイムスケジュールはどうなっていたか”についてご紹介しています。今回は“午後13時~午後15時頃”についてです。

前回までの記事はこちらを御覧下さい。

日本橋、遊郭、長屋…浮世絵で見る、江戸時代を生きる人々のタイムスケジュールはどうなっていた?【その1】

前回まで江戸の時刻についてご紹介してきました。[insert_post id=118823]今回はそんな【時間感覚】を体感し始めた江戸に生きる人々の“一日のスケジュール”を、浮世絵を交…

日本橋、遊郭、長屋…浮世絵で見る、江戸時代を生きる人々のタイムスケジュールはどうなっていた?【その2】

前回は江戸を生きる人々の“午前3時~午前9時前頃”までをご紹介しましたが、今回は“午前9時~午前11時前頃まで”をご紹介します。前回の記事はこちらを御覧下さい。[insert_post i…

日本橋、遊郭、長屋…浮世絵で見る、江戸時代を生きる人々のタイムスケジュールはどうなっていた?【その3】

今まで“江戸を生きる人々の1日のタイムスケジュールはどうなっていたか”についてご紹介しています。今回は“午前11時~午後1時頃”についてです。前回までの記事はこちらを御覧下さい。[in…

昼八つ(午後13時から午後15時頃)

 

江戸っ子名所へ繰り出す

 

江戸の文化を庶民達が作り出して行った頃、江戸では江戸中の名所旧跡に出かけることが流行しました。

千駄木の団子坂には多くの植木屋が集まっていました。嘉永5年(1852)に団子坂に住む植木屋・楠田宇平次が花屋敷を開き、そこは池を設けた庭園で新名所となりました。その広さは三千坪あったそうで、全てを見るのに半日はかかり大勢の人で賑わったそうです。

上掲の絵はその様子を描いており、花々の下や池のそばまで人が見物を楽しんでいるのがわかります。

 

絵の上部の、庭園から階段を登った崖の上にある建物は「紫泉亭」という茶亭です。当時としては珍しい三階建で渡り廊下でつながっていたそうです。そしてなんと“、露天風呂”があり景色を堪能することが出来たというから驚きです。

 

 

また江戸の人々は庭園などで四季の花を愛でることを好み、自分の身近に好みの鉢植えを置いて楽しんでいました。

江戸の中期頃から巣鴨で植木屋が“菊”で人物やさまざまな動物の形を作り、それを見世物としたことから「観菊」が流行しました。

 

上掲の絵は、染井の植木屋・今右衛門が、太さ二、三寸余りの一本の台木に、百種もの菊を接ぎ木して咲かせたもので、それぞれの菊に趣のある名をつけ短冊に記して下げたのです。その菊の評判を聞いた人々が集まった様子を描いています。

名所を作っていく側とそれを見物に行く側、その相乗効果で江戸は経済的にも文化的にも急速に栄えていったのです。

2ページ目 子供の遊び声が路地にあふれる

 

RELATED 関連する記事