歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

具足、甲冑、胴丸など…みんな「鎧-よろい」なんだけど、それぞれの違いって何?

具足、甲冑、胴丸など…みんな「鎧-よろい」なんだけど、それぞれの違いって何?

先日、時代劇を観ていて訊かれました。

「具足(ぐそく)も甲冑(かっちゅう)もすべて鎧(よろい)なのに、なんでそれぞれ呼び方が違うの?

意外とごっちゃにされやすいこれら「鎧」に関する言葉たちについて、今回はその違いをメインに、鎧のバリエーション(平安時代以降)を紹介していきたいと思います。

以前、槍(やり)と矛(ほこ)の違いに関する記事も掲載しましたのであわせてどうぞ。

槍(やり)と矛(ほこ)の違いは何?その構造から見えてくる先人たちの創意工夫

「楚人有鬻盾與矛者(意訳:楚の人で、盾と矛を鬻ぐ=売る者があった)……」※『韓非子』より。漢文の授業で「矛盾(むじゅん)」の故事成語を習った記憶のある方も多いと思いますが、先刻こんな質問が…

鎧(よろい)

そもそも、戦に際して身に「よろう(表面を包み込む意味の動詞)」ものであるから「よろい」と呼ばれました。

漢字は「金(属)」で出来た「よろい」を着て動くと「豈(ガイ)々」と鳴ったことから、金(部首)+豈(形声)=「鎧」となりました。

2ページ目 甲冑(かっちゅう)、具足(ぐそく)とは?

 

RELATED 関連する記事