歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

【小説】国芳になる日まで 〜吉原花魁と歌川国芳の恋〜第29話

【小説】国芳になる日まで 〜吉原花魁と歌川国芳の恋〜第29話

前回の第28話はこちら

【小説】国芳になる日まで 〜吉原花魁と歌川国芳の恋〜第28話

前回の第27話はこちら[insert_post id=84249]■文政八年 玉菊灯籠の夏(3)みつは目が光に弱いという理由で、白昼外に出る際にはかならず手ぬぐいを吹き流しに被る。布の端を…

■文政八年、秋の八朔(1)

八朔の吉原遊廓、大門の前で男たちが噂をしている。

 

「聞いたかえ、絵師の大勝負の話」

 

「ああ、あの渓斎英泉が、馬鹿でッけえ大屏風絵を描いて京町一丁目岡本屋の紫野花魁に送ったんだとよ。今日の夜見世からしばらく岡本屋の間口に飾るんだそうだ」

 

「へえ、さすがだな。わっちも早くその大屏風にお目にかかりてえや」

 

「俺ア今晩、岡本屋に決めたぜ」

 

「そんならわっちもだ。そんでもって、英泉の勝負の相手は何を描いたんでい」

 

「それが、もう一方の国なんとかって奴は・・・・・・」

 

・・・・・・

 

・・・・・・

 

京町一丁目、妓楼岡本屋の二階。

みつは持ち部屋の鏡台の前で髪結いに髪を触らせながら、鏡に映った己の顔を血の滲みそうなほど鋭利な眼差しで見つめていた。頬にはらりと掛かった一条の毛すら煩わしく、白い手の甲で払いのける。

 

「花魁、何か怒っちゃいやせんかイ」

 

みつはハッとして表情を和らげ、

 

「何言うの、徳蔵。道中が久しぶりすぎて緊張してるだけよ」

 

「そうですかい、そうだよなア。こねえに豪奢な屏風絵を贈られて、緊張しねえわきゃねえやナ」

 

背後には、渓斎英泉から贈られた見事な大屏風が立てられていた。夜には見世の間口に出して、ますます客を呼び込む心算である。

 

見上げるほどの大屏風には、水滸伝に登場する美人の一人、母夜叉孫二娘(ぼやしゃそんじじょう)が見事な英泉流の肉筆で描かれていた。

 

孫二娘は、切り盛りする居酒屋で金の匂いのする旅客を殺しては金品を盗み、死体を人肉饅頭にして売っていたという恐るべき毒婦である。

屏風には、また一人手に掛けようと企む孫二娘が、標的の男に向かって媚態を示す様子が巧みに描き出されている。女は唐風に髪をおろし、妖しく湿った陰翳のある眼差しで、男に微笑みかけている。英泉特有の歪(いびつ)な女の手が差し出すその杯にこそ、男の四肢を痺れさせる毒酒が注がれているのである。

 

みつは、鏡ごしに屏風を睨みつけた。

 

歪んだ匂香を醸す孫二娘のあやうさと、まんまと思惑に嵌められる旅客の滑稽。

 

うぶ毛まで丁寧に描き込まれている分、どちらも気味が悪いほどに、生々しい。

 

天晴れとしか言いようのない出来であった。

水滸伝は英泉が選びそうにもない雄々しい画題だが、彼はそれを見事に自己流に昇華させてみせたのだ。

貴重な「渓斎英泉の肉筆」見たさに岡本屋に揚がろうという客も既に居るらしい。

 

・・・・・・

 

さて、勝負の事である。

 

英泉と国芳、八朔の夜に評判を取った方が勝ちと決めて始めたこの勝負。

 

一方の国芳の作品は、未だ届かない。

 

みつの不安は、胡粉の粉を紙上に散らすようにぱたぱたと少しずつ、しかし今となってはもはや拭いがたいほどに厚みを増している。

 

髪結いの徳蔵はみつの強張った肩を軽く揉みほぐしてから次の間に移動して行った。入れ替わるように、妹女郎の美のるがみつの着付けのために入ってくる。新造の美のるは鮮やかな青花の鱗紋地に鯉の滝登りの図を染め抜いた美しい振袖の裾を引き、きなり銀の花唐草の帯を前で締め、すっかり洒脱に仕上がっていた。

 

「まだ、国芳はんの絵は届かないかえ」

 

「・・・・・・うん、姐さん。届かないの」

 

美のるは泣きそうな顔で言った。

 

「そっか」

 

「姐さんが渓斎英泉の馴染みになるって決めたんなら仕方ないけど、あたし、やっぱり姐さんの花嫁道中はあの人のためにして欲しかった」

 

みつが国芳に惚れていることを知る美のるが、綺麗に化粧した小粒な目にきらきら光る涙を溜めて言った。

 

「あたしはもう充分すぎるくらいに幸せだよ。美のるみたいな可愛い妹が居て、こんな綺麗な白無垢用意してもらえて、道中までさせてもらえるんだからさ」

 

背後の衣紋掛けに吊るされた純白の白無垢を振り返り、みつはしみじみと言った。

寛政の改革以来、道中の数も取り締まられて、今は多くの若い女郎が誰に知られることもなく吉原の片隅で毎日ひっそりと初花を散らしてゆく時代だ。そんな中で白無垢姿の八朔に花魁道中ができるのはほんの一握の女郎のみであった。

白無垢は、月下美人の花開くがごとく光を発しながら、みつが袖を通す時を静かに待ちわびている。

 

 

RELATED 関連する記事