歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

【小説】国芳になる日まで 〜吉原花魁と歌川国芳の恋〜第32話

【小説】国芳になる日まで 〜吉原花魁と歌川国芳の恋〜第32話

前回の第31話はこちらから

【小説】国芳になる日まで 〜吉原花魁と歌川国芳の恋〜第31話

前回の第30話はこちら[insert_post id=85852]■文政八年 凩の冬国芳の棲む裏長屋の立て付けの悪い腰高障子が、ばきっと嫌な音を立てて開いた。 …

文政九年 桜の三月

東都名所新吉原五丁町弥生花盛全図

文政九年、三月一日。

 

仲之町に、つい三日前まではなかった桜が今年も植えられた。

 

二代歌川広重「東都名所 吉原中之町」ボストン美術館蔵

 

みつはこの日初めて、国芳と桜を見た。

国芳の方から花見に誘ったのである。

 

 

みつの歩く一歩前に、国芳の広い背中が在る。

 

 

どんな絵師よりもきっと鮮やかな絵を描く国芳の目に、この桜はどう映えるのだろう。

そんな事を思いながらぽつぽつと後ろを歩いた。

 

 

「おみつ」、

 

 

国芳が急に振り返って、ふわりと手を差し伸べた。

繋いだ手が今までで一番、優しい。

 

 

 

こんな時にも桜が純白や薄灰にしか見えない自分の目を、みつは少し恨んだ。

 

 

「あたしやっぱり、もう一度だけでいいから、国芳はんと同んなじように桜の色、見たかったよ」、

 

みつは十二の時の熱病以来、色覚を失っている。

 

「国芳はんならきっと、この桜、綺麗に描くんだろうね」

 

 

「何言ってんだ」、

 

 

国芳は首を横に振った。

 

 

「わっちはこの桜を、今おみつの目に映る以上に綺麗に描けやしない。めえはもっとその目に自信を持たなきゃいけねえ」

 

 

国芳はみつを振り返って、にこりと微笑した。その笑顔が余りに清々しく澄み渡っていて、みつは泣きたくなった。

 

 

「うん」、

 

 

「そうだね」。

 

 

「あたし、忘れないようによっく目に焼き付けておくね」

 

 

「わっちもそうすらア」

 

 

今日だけは、国芳は矢立と筆を取りださなかった。京町一丁目の水道尻の方から大門に向けて二人でゆるゆると桜の並木を歩き、揚屋町のあたりで国芳は足を止めた。そして振り返り、みつの肩を掴んだ。

 

 

「なあ、おみつ、聞いてくれ」

 

いつになく真剣で思い詰めた目をした国芳に、思わずみつは破顔した。

 

 

「なあに」

 

 

「わっちゃア、仕事で今日以降しばらく来れねえ」、

 

みつの睫毛が、ほのかに揺れた。

 

「次がいつになるか、分からねえんだ」。

 

 

・・・・・・

 

RELATED 関連する記事