歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

【遊郭の掟】お仕置きまであった…たとえお客といえど遊女には敵わない

【遊郭の掟】お仕置きまであった…たとえお客といえど遊女には敵わない

江戸時代、憧れの遊女と遊びたいと思って遊郭に行っても、すぐに遊べるものではありませんでした。上流遊女と遊ぶのにはそれなりにお金も時間もかかったのだそうです。

遊女と肌を重ねるには

まずは、遊女と初めての顔合わせ「初会」をします。このときは、遊女はほとんど口をきいてくれないし、料理にも箸をつけないとか。肌を許すなんてもってのほかで、遊女が上座です。

「裏」と呼ばれる二回目は、4~5寸近く(12~15㎝近く)まで遊女が近寄ります。話もして、だいぶ打ち解けてきたようになりますが、まだ肌は許しません。このときもまだ遊女が上座です。

三回目になってようやく、なじみ客となります。ついに想いが遂げられ、遊女は肌を許してくれるのです。今まで「主(ぬし)さん」と呼んでいたのが名前で呼んでくれるようになり、客専用の箸にはきちんと名前が書かれています。

「遊女と客」喜多川歌麿

ただし、永久指名制なので、やっぱりほかの店のあの遊女がいいとはできないのが、この世界のルール。肌を重ねたとたん、つい心が浮ついてしまう人もきっといたでしょう。仮にほかの遊女と関係があることがわかったら?そのお客は、とっても大変な目にあうことに。

次のページ: 浮気をしたときの「お・し・お・き」

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる