エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

「いだてん」第11話振り返り。「日本人に短距離走は100年早い」三島の敗因は?

「いだてん」第11話振り返り。「日本人に短距離走は100年早い」三島の敗因は?

「いだてん」第11話が放送されました。

これまでの「いだてん」振り返り記事はこちら。

前回の記事で紹介した通り、プラカードの表記で少々揉めた日本選手団。結果、史実どおり「日本」表記でいきたい金栗と「JAPAN」がいいという大森氏の間をとって「NIPPON」という表記に落ち着きましたね。

この公式記録の写真で金栗とプラカードが隠れているという構図の悪さ、もう一枚あった写真でも今度は逆に三島が見えないということについても触れられましたね。日本選手団、と言ってもたった二人ですが、開会式ではあまりに日本選手団の人数が少なかったために、会場では逆に注目を集め、同情的だったとか。

2ページ目 三島弥彦は軒並み予選敗退

 

RELATED 関連する記事