歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

美男子の三助は女性客にモテモテ?江戸時代の湯屋で客の背中を流す「三助」という仕事

美男子の三助は女性客にモテモテ?江戸時代の湯屋で客の背中を流す「三助」という仕事

江戸時代の湯屋の仕事といえば「番台」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?忘れてはいけないのが、湯屋で客の背中を流す「三助(さんすけ)」です。三助は、男湯・女湯のどちらにも出入り自由なので、男性客としてはうらやましい限りだったのでは。

でも、三助の仕事は一日や二日でできるようになるものではありません。今回は三助の仕事内容について紹介します。

江戸時代の湯屋についてはこちらの記事もぜひ参考にしてください。

痴漢や売春もあった?江戸時代は混浴だった銭湯や温泉はどうして減少していったのでしょうか

夏の終わり…寂しい気持ちにはなりますが、秋が訪れれば、また違った楽しみが日本には沢山待っています。秋から冬にかけて、温泉旅行を楽しみにしている人も多いでしょう。みなさんは混浴温泉に入ったことは…

お風呂なのに不衛生?戸棚風呂や石榴口…江戸時代のお風呂はアイデア満載

埃っぽい江戸では、湯屋(ゆうや)つまり銭湯で体をきれいさっぱりにするのが欠かせませんでした。ところで、この「湯屋」という呼び方は、江戸ならではの言い方で、近世まで続いていました。一方、関西では「風呂屋…

三助になるために

三助になりたいと思ったら、まずは下積みの木拾いからスタート。釜炊きの仕事を経て、ようやく洗い場に入ることができます。ここで湯の温度の調整をするほか、洗い場の様子に気を配らないといけません。この仕事ができるようになって、一人前の三助になれるのです。

『肌競花の勝婦湯』豊原国周

三助は、番台の拍子木の音で、男客か女客かを判断したら、湯を入れた桶を3つ持参します。客が湯から上がったら、さぁ三助の出番!垢すりまたは糠袋で背中~腕をこすったら洗い流します。

マッサージ後は、絶妙な具合で背中を「パンパン!」と叩くのですが、この音を出すのが大変。練習を重ねないと、良い音が出ないのだとか。

ほかにも、閉店後の浴槽・洗い場の掃除もあるから、かなりの力仕事。これが終わったら、翌朝の一番風呂の客のための準備をして、ようやく一日の仕事が完了するのです。

2ページ目 美男子の三助は女性客にモテモテ

 

RELATED 関連する記事