グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

ちょっぴり自慢できるコトバの語源 実は嫁への愛だった!?「秋茄子はヨメに食わすな」の意味・由来

実は嫁への愛だった!?「秋茄子はヨメに食わすな」の意味・由来

@
2018/12/11

姑が秋ナスを本当に食べさせない理由とは?

一方で、姑が嫁に秋ナスを食べさせたくないのは、単なる意地悪ではなくて、嫁の体を労わってのことだとする解釈もあります。

つまり、夏野菜のナスには体を冷やす働きがあるので、涼しくなってきた秋にナスを食べて出産を控えたお嫁さんの体が冷えすぎないようお姑さんがきずかったものだとする解釈です。

また、「秋ナスは種が少ないので子供ができづらくなる」という縁起かつぎの意味も込められているようです。

本来は二つ目の意味で使われていた言葉が、若くて経験の浅い新妻が姑のいじわるだと早計し、一つ目の意味になったのではないかとも受け取れます。いずれにしろ、姑の年長者としての想いと嫁の気持ちは昔から理解しあうのが難しかったのかもしれませんね。

 

RELATED 関連する記事