歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

ちょっぴり自慢できるコトバの語源 ピンからキリまでの「ピンキリ」という言葉の語源、実はポルトガル語から来ている?

ピンからキリまでの「ピンキリ」という言葉の語源、実はポルトガル語から来ている?

日本語の中にあるちょっとした言い回し。なんとなくニュアンスは分かるけれども、よく考えると単語の意味がよくわからない、なんてこともありますよね。

これまでの語源の紹介記事ははこちらから

「ピンキリ」という言葉はポルトガル語から来ている?

例えば「ピンキリ」。「ピンからキリまで」という言葉を省略したものだということはご存知でししょうか?「最上のものから最低のものまで」あるいは、「頂点から底辺まで」というニュアンスで使われています。「ピン」が最初、もしくは最上を表し、キリが最後、もしくは最低を表しています。

この「ピン」や「キリ」が、実はポルトガル語から来ているということはご存知でしたか?「ピン」は、ポルトガル語で「点」を意味する「pinta(ピンタ)」から来ています。

16世紀はじめ、南蛮貿易を通じてポルトガルより日本に伝えられたカードゲームが、ばくち遊びとして大流行します。これを「天正かるた」といいます。

12枚一組の天正かるたでは、1枚目の札を「ピン」と呼んだことから、転じて「最初」という意味になったそうです。

2ページ目 「キリ」の語源は十字架や花札から来ている

 

RELATED 関連する記事