歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

ちょっぴり自慢できるコトバの語源 冷やかし、太鼓持、じょうろ…気になるあの言葉の語源や由来を一挙紹介!

冷やかし、太鼓持、じょうろ…気になるあの言葉の語源や由来を一挙紹介!

「八百長」という言葉の意味や語源

スポーツマンシップに反する「八百長」ですが、そもそもこの言葉は何に由来するのかご存知でしょうか?明治時代の「長兵衛」という名前の、八百屋の店主が関係しているんです。

そうなの?まんま?今さら聞けない「八百長」という言葉の意味や語源

相撲界が激震2011年、「大相撲八百長問題」で、相撲界が震撼しました。この騒動により、関与した20名以上の力士が引退又は解雇処分、19名の親方が解雇や降格処分となり、最終的に2011年の春場所の開…

「冷やかし」の語源は浅草紙?

浅草紙、「冷やかし」という言葉の語源でもあり、おにぎり・手巻き寿司でお馴染みの四角い海苔、板海苔(乾燥海苔)の原型にもなったんです。

乾燥海苔のルーツは紙にあり。「冷やかし」の語源にもなった浅草紙とは?

今も昔も大事な生活必需品の紙。鼻をかむ、字を書く、お手洗いに使うなど、欠かせないアイテムですね。江戸時代には古紙の再生が盛んになり、京の「西洞院紙」、大坂の「湊紙」などと並び、江戸では「浅草紙」が有名…

「太鼓持」の語源や意味は江戸時代の吉原遊郭が関係してる?

吉原では、もちろん遊女が主役です。彼女たちを支える様々な人たちが、廊で働いていました。そん中には太鼓持(たいこもち)という職業もありました。

太鼓持の語源や意味は?江戸時代、吉原遊郭での宴会の盛り上げ役からきています

吉原では、もちろん遊女が主役です。彼女たちを支える様々な人たちが、廊で働いていました。太鼓持(たいこもち)も、その一人。幇間(ほうかん)とも呼ばれていました。座敷を盛り上げるのが、彼ら…

ご飯のお供「たらこ」と「明太子」の違い

塩辛くてご飯のお供やおにぎりの具としても人気の「たらこ」、そして「明太子」。この二つの名前にどんな違いがあるかご存知でしょうか?どちらもタラの卵であることに違いはなく、多くの人は「辛いかどうか」で見分けているのでは?しかしなぜふたつの名に分けられているのでしょう。

ご飯のお供「たらこ」と「明太子」の違い知ってる?答えは朝鮮半島との関係にあり

塩辛くてご飯のお供やおにぎりの具としても人気の「たらこ」、そして「明太子」。この二つの名前にどんな違いがあるかご存知でしょうか?どちらもタラの卵であることに違いはなく、多くの人は「辛いかどうか」で見分…

雷が落ちると「くわばら、くわばら」っていうのは何故?

天候の変わりやすい夏。にわか雨やゲリラ豪雨で雷が鳴ることも多いですね。そういえば雷が鳴ったときに「くわばら、くわばら」と言いますよね。なぜ落雷や災いを避けるために唱える呪いが「くわばら」なのでしょうか。

菅原道真伝説に関係あり?雷が落ちると「くわばら、くわばら」っていうのは何故?

天候の変わりやすい夏。にわか雨やゲリラ豪雨で雷が鳴ることも多いですね。そういえば雷が鳴ったときに「くわばら、くわばら」と言いますよね。今でこそ口にする人は少なくなったと思いますが、自分の祖母や…
 

RELATED 関連する記事