歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 太鼓持の語源や意味は?江戸時代、吉原遊郭での宴会の盛り上げ役からきています

太鼓持の語源や意味は?江戸時代、吉原遊郭での宴会の盛り上げ役からきています

吉原では、もちろん遊女が主役です。彼女たちを支える様々な人たちが、廊で働いていました。太鼓持(たいこもち)も、その一人。幇間(ほうかん)とも呼ばれていました。

座敷を盛り上げるのが、彼らの仕事です。男芸者も座敷を盛り上げますが、太鼓持の方がランクは下になります。

具体的に、男芸者は吉原に住んでいる三味線や踊りで盛り上げるプロの芸人です。妓楼に属する内芸者と吉原見番から2人1組で派遣される見番芸者がいました。一方、太鼓持はおしゃべりや酒の相手が主な仕事で、さらに下のランクになると、裸踊りをする者もいたとか。

つまり、特に何か芸を身に付けているわけではなく、お調子者で世渡り上手なことが大事だったのです。でも、これも立派なスキルのひとつですよね。

ちなみに、市中に住んでいる太鼓持は、野太鼓と呼ばれていました。落語によく出てくる一八(いっぱち)は、この野太鼓が多かったようです。いわば、フリーランスの芸人ですね。花柳界のプロダクションに属することなく、直接旦那に雇われ、座敷を盛り上げます。お客さんの機嫌取りも、大事な仕事。旦那に従いつつも、ご祝儀はちゃっかりといだきます。

2ページ目 太鼓持はどこか憎めないキャラで人気者

 

RELATED 関連する記事