歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 江戸時代の性事情。快楽の追求?男同士のみならず遊女や妻にも肛交はおこなわれていたようで

江戸時代の性事情。快楽の追求?男同士のみならず遊女や妻にも肛交はおこなわれていたようで

江戸時代の性愛事情。これまで何回かにわたって紹介してきました

春画は新婚生活に必須?江戸時代、春画はただ見るだけのものじゃなかった

春画というと男女が見て楽しむものというイメージがありますが、実はほかにも様々な役割が!例えば、花嫁向けの参考図版としての役割もあったそう。春画の中でも特に立派なものは、裕福な家や身分の高い家の嫁入り道…

なめくじり、相舐め…江戸時代の夜の営みでの技の呼称がパワーワードすぎる

性に対してとってもおおらかで、性欲もすごかった江戸時代。舐陰願望がある男性が多く、そういった趣向がある人はなめくじりと呼ばれていました。男の舐陰の技法が上手いと、女も喜んでいたようです。舌先を丸く尖ら…

のぞき機械、1人せせり…そして春画。江戸時代、男女はどのように自慰を楽しんでいたの?

江戸時代に有名な浮世絵師も多く描いていた春画。春画では交わりの場面が多く描かれていますが、男女ともにひとりでも性行為を行っていたようです。そういった春画作品も多く残されています。男性の場合「千擦り(せ…

今回はちょっぴりディープな肛交について。

江戸時代においても、夜の営みで男同士で快楽を得るためには肛交は必然でしたが、男同士のみならず、遊女や妻にも試したくなる男がいたのも事実。密着度が高そうという期待なのか、はたまた味わったことのない快感への憧れなのか。ただ、女にとっては痛くて、たまったものではありません。亭主にお願いされても拒否する女房が多かったそうですが、ごもっとも。

遊女でも肛門を狙うと、「陰間じゃありませんよ」と即座に拒否したというから、いかに肛交は女に嫌がられていたかがわかりますね。下女でさえただではOKといいません。何かを買ってあげるとか交渉して、ようやく肛交にこぎつけたのです。「歌舞伎芝居を劇場で観たい」という女の願望を実現してあげる代わりに、と交換条件を持ち出してくるやり手の男もいたとか。

2ページ目 肛交…実際にはどうやっていたの?

 

RELATED 関連する記事