歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

どんな美女にもまさる姫君!「源氏物語」ヒロインで極度のコミュ障・末摘花の恋愛エピソード【二】

どんな美女にもまさる姫君!「源氏物語」ヒロインで極度のコミュ障・末摘花の恋愛エピソード【二】

前回のあらすじ

どんな美女にもまさる姫君!「源氏物語」ヒロインで極度のコミュ障・末摘花の恋愛エピソード【一】

平安文学の頂点とも言われる紫式部『源氏物語』。その主人公である光源氏(ひかるげんじ)と言えば、フィクションながら日本史上でもたぐいまれなるプレイボーイとして知られています。本作では、幼くして亡…

『源氏物語』の主人公にして日本史上きってのプレイボーイ・光源氏(ひかるげんじ)は、乳兄弟である大輔の命婦(たゆう-みょうぶ)から亡き常陸宮の姫君が貧乏しているとの噂を聞いて興味津々。

しかし姫君は極度のコミュ障&和歌が下手で、せっせと贈られてくる光源氏からの恋文に返歌を詠もうとしたところ、知恵熱を出して寝込んでしまう始末。

さてさて、二人は無事に結ばれるのでしょうか……?

恋のライバル・頭中将が参戦!

(あちゃあ……えらい姫君を紹介しちゃったなぁ……)

内心で焦っていたのは大輔の命婦。ここまでコミュ障で才知に乏しい姫君だと光源氏が知ったら、恨まれてしまうのはもちろんのこと、経済援助など夢のまた夢……。

実際、近ごろは光源氏も何だか狐につままれたような顔をして、明らかに姫君のことを飽きかけている様子。

……このままではいけない。何とかしなくては……そう命婦が思った矢先に、思いがけない助け船がやって来ました。

「いよぅ光(ひかる)っ!」

彼こそは都において光源氏と並び称されるプレイボーイにして光源氏の義兄(※4)でもある頭中将(とうのちゅうじょう)。基本的にチャラいけれど、とてもいいヤツです。

「……何だ、中将か……」

「何だとは何だよ~(笑)ところで光お前、最近お熱な姫君と上手く行ってないみたいだなぁ?」

「……君には関係ないだろう……」

「お、その顔は図星だな?……ふふん、お前は昔っから手が早いようでいて、案外ウブだからな……常陸宮のやんごとなき姫君のお相手は、ちょっと荷が重すぎたかな?」

「む、そんな事あるもんか……」

「じゃあ競争だ。どっちが先に姫君をオトせるか、勝負しようぜ!」

……という訳で、命婦の両手には光源氏と頭中将という当世二大プレイボーイからの恋文が握られていました。

都の女性たちに知られたら、呪い殺されてもおかしくない奇跡的な事態に、命婦は短期決戦を挑みます。

(なまじズルズルと引き延ばせば、すぐ姫君のボロが出て「虻蜂取らず」になってしまう。こうなったら二人の競争を煽るだけ煽って、姫君の価値を最大限に吊り上げて勝負を決めよう……!)

さて、命婦の作戦は上手くいくのでしょうか。

2ページ目 最後のチャンス

 

RELATED 関連する記事