歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

どんな美女にもまさる姫君!「源氏物語」ヒロインで極度のコミュ障・末摘花の恋愛エピソード【一】

どんな美女にもまさる姫君!「源氏物語」ヒロインで極度のコミュ障・末摘花の恋愛エピソード【一】

平安文学の頂点とも言われる紫式部『源氏物語。その主人公である光源氏(ひかるげんじ)と言えば、フィクションながら日本史上でもたぐいまれなるプレイボーイとして知られています。

本作では、幼くして亡くした最愛なる母の俤(おもかげ)を追い求め、光源氏が様々な女性たちと交流を重ねていく情景が多彩に描かれていますが、ヒロインの全員が必ずしも美女という訳ではありませんでした。

天皇陛下の御落胤(私生児)という高貴な身分と、その二つ名が示す通り光り輝かんばかりの美しさをもってすれば、どんな美女も望みのままに出来たでしょうに、どういう理由があったのでしょうか。

そこで今回は『源氏物語』より、とあるヒロインのエピソードを紹介したいと思います。

2ページ目 かわいそうな姫君の噂を聞いて

 

RELATED 関連する記事