歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

平安最強!謎の黒づくめ集団を率いた平致経の要人警護が京都で話題に【後編】

平安最強!謎の黒づくめ集団を率いた平致経の要人警護が京都で話題に【後編】

これまでのあらすじ

平安最強!謎の黒づくめ集団を率いた平致経の要人警護が京都で話題に【前編】

古今東西、夜道は危険が多いもの。そこで、かつて平安の貴族たちは兵(つわもの。強者)たちを雇って侍(さぶら)わせ、身辺を警護させたものでした。それは同時に兵としても食い扶持の確保はもちろん、出世…

平安最強!謎の黒づくめ集団を率いた平致経の要人警護が京都で話題に【中編】

前回のあらすじ時は平安、急遽深夜に遠出しなければならない用事が出来た明尊僧都(みょうそん そうず)に、関白・藤原頼通(ふじわらの よりみち)が護衛をつけてくれます。……が、その男・大矢左衛…

時は平安、急遽深夜に遠出しなければならない用事ができた明尊僧都(みょうそん そうず)に、関白・藤原頼通(ふじわらの よりみち)が護衛につけてくれた大矢左衛門尉(おおや さゑもんのじょう)こと平致経(たいらの むねつね)

見た目こそ冴えなかったものの、道中で謎の黒づくめ集団を事もなげに統率し、完璧なボディガードを務めます。

そして任務を達成すると、黒づくめ集団は音もなく去っていき、明尊は「げに奇異(あさま)しきわざかな」と驚嘆するのでした。

2ページ目 黒づくめ集団の凄さと、致経の寄せた全幅の信頼

 

RELATED 関連する記事