歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

憎まれっ子、世に憚る!父親の仇討ちで新選組に入隊した三浦啓之助の生涯を追う【下】

憎まれっ子、世に憚る!父親の仇討ちで新選組に入隊した三浦啓之助の生涯を追う【下】

前回のあらすじ

時は幕末、暗殺された父・佐久間象山(さくま しょうざん)の仇討ちを志して新選組に入隊した三浦啓之助(みうら けいのすけ)

しかし一向に仇討ちどころか乱暴狼藉の数々、局長である近藤勇(こんどう いさみ)の寵愛をいいことに好き放題やっていました。

どうにか追っ払いたい副長・土方歳三(ひじかた としぞう)らの説得もどこ吹く風、啓之助の暴走は留まるところを知りませんでした。が……?

前回の記事はこちら

憎まれっ子、世に憚る!父親の仇討ちで新選組に入隊した三浦啓之助の生涯を追う【上】

時は幕末。京都の街を闊歩した新選組(しんせんぐみ)は、尊皇攘夷を掲げて幕府を補佐する「佐幕派」の急先鋒として不逞浪士は元より、倒幕を目論む薩摩・長州藩士など「開国派」の暗殺・粛清に活躍したことで知られ…

新選組を脱走するも……

そんな啓之助でしたが、ついに慶応二1866年に悪友?の芦谷昇と一緒に新選組から脱走してしまいます。

だったら土方に説得された時点でさっさと帰れば良かったのに……とも思いますが、新選組に居座るだけ居座った挙げ句、行いを改めることもなかったであろうため、あるいは唯一最大の庇護者であった近藤勇から見放され、とうとう居場所がなくなってしまった(たぶん両方)とも考えられます。

「追えっ!脱走者は切腹だ!」

……と口では言いながら、内心「やれやれ、やっと居なくなってくれたか」と胸をなで下ろした土方たちの安堵が察せられます。

追手の中には本気で啓之助を切腹させたい者もいたでしょうが、その多くは「あんな奴、居なくなってくれればそれで充分」とでも思っていたのか、追跡もゆるゆるだったようで、啓之助たちは無事に故郷・信州松代まで逃げおおせたのでした。

辛くも切腹の危機から脱した啓之助。しかしそんな事くらいで改心するようなタマでもなく、地元に帰っても芦谷昇と一緒に乱暴狼藉に明け暮れ、とうとう松代藩によって捕らえられてしまいます。

この時、共犯者であった芦谷昇は啓之助を囮(おとり)にして逃亡。裏切られたことを知った啓之助の無念は察するに余りあるものの、身から出た錆と言うよりありません。

2ページ目 「おめェの頭脳は、新しい日本で必ず役に立つ……」

 

RELATED 関連する記事