歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

跳ねたいほどに可愛らしいっ!ウサギちゃんがモチーフの武将の「変わり兜」まとめ

跳ねたいほどに可愛らしいっ!ウサギちゃんがモチーフの武将の「変わり兜」まとめ

戦国時代、江戸時代、武将が愛用していた兜には生き物や植物など様々なものがモチーフになった兜があります。一風変わった兜のことを変わり兜と言いますが、Japaaanでは以前海鮮系の変わり兜を紹介しました。

完全に海の幸じゃないか!海鮮すぎる戦国時代のオモシロ兜[かぶと]たち

戦国時代の兜といってもその種類はさまざま。かぶる人間の気性を反映したかっこいい兜からユニークすぎる兜まで、変わり兜と言われるものが今でも数多く保管されています。今回はそのなかでもとってもユニー…

今回は十三夜の月が近いこともあり、日本では月と関わりの深いウサギをモチーフとした変わり兜をまとめてみました。ちなみに2015年の十三夜は 2015年10月25日(日)です。

うさぎといえば現代では可愛い動物の定番といった感がありますが、うさぎは月の信仰とも関係がありさらには俊敏を意味することから、うさぎモチーフの兜を好んで使用した武将は意外にも多いようです。

それではウサギモチーフの兜まとめをどうぞ!

兎形かわり兜(うさぎなりかわりかぶと)

所蔵:千葉県立博物館 大多喜城分館

けっこうおじいちゃんなかんじのうさぎが乗っかっています。遠目に見ると返しの部分の家紋が目玉みたいに見えますね。

出典:http://www.chiba-muse.or.jp/SONAN/kikaku/yoroi/usaginarip.htm

 

Helmet in the Shape of a Crouching Rabbit

所蔵:メトロポリタン美術館

17世紀のもの。着用していた武将は不明です。しゃがみこんだうさぎの左右には波頭があしらわれていて因幡の白うさぎぽい。

出典:Helmet in the Shape of a Crouching Rabbit | Japanese | The Metropolitan Museum of Art

 

黒羅紗亀甲縫三枚胴具足

個人蔵 福井県立歴史博物館保管
松平昌親(5代藩主)所用
兜はうさぎですが鎧は亀甲で、ウサギとカメが共存しています。2013年に福井市立郷土歴史博物館で開催された特別展「甲冑の美」で展示されていました。うさぎの顔に狂気を感じます。

 

出典:福井市立郷土歴史博物館

 

銀箔(ぎんぱく)押兎耳大角立物付兜

所蔵:高梁市歴史美術館

俊敏なうさぎにあやかって、耳を大胆にあしらいました。

出典:2012年5月17日 山陽新聞夕刊記事

 

兎耳形兜(とじなりかぶと)

展示:彦根城博物館

ちょっと短めの耳が可愛らしい。頭頂部でとぐろを巻いているのはなんなんでしょうか。

出典:彦根城博物館・玄宮園:らブログ ~from 明石~:So-netブログ

 

黒漆塗兎耳形兜(くろうるしぬりとじなりかぶと)

所蔵:靖國神社遊就館

桃山時代の兜です。竹をスパーンとカットしたような独特のフォルムの耳。遠くからも目立ちそうです。

出典:http://www.yasukuni.jp/~yusyukan/news/news_detail.php?article_id=0100

 

上杉謙信所用 銀箔押張懸兎耳形冑

こちらは上杉謙信が所用した兜。うさぎの耳がぴんと立っています。

前立は三日月。やはり月とうさぎは相性が良いのでしょうか。

出典:名将甲冑大全|第20回 上杉謙信所用 銀箔押張懸兎耳形冑

 

鉄打出し銀箔押兎形兜

これ、じつは食玩のフィギュアなんです。

2002年にUHA味覚糖から発売された「激戦 兜コレクション 日本編」の中の一つ。

出典:UHA味覚糖 激戦 兜コレクション

 

鉄地兎前立十八間筋兜

 

金箔置抹頭形兜(きんぱくおき まっとうなりかぶと)

所蔵:川越歴史博物館

桃山時代の兜。こちらもうさぎと三日月のコラボレーション。金色の鉢と後立の三日月とのコントラストが美しい逸品。これは戦場でもひときわ目を引きます。

出典:甲冑|川越歴史博物館

 

鉄錆地六十二間筋兜

銘は早乙女家親。作者は常州住の桃山から江戸時代初期にかけて活躍した早乙女家系の甲冑師の一人です。

出典:Pinterest

 
 

RELATED 関連する記事

 
閉じる