歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

無能と呼ばれた男を支えた愛。戦国時代随一のおしどり夫婦、今川氏真と早川殿の一生

無能と呼ばれた男を支えた愛。戦国時代随一のおしどり夫婦、今川氏真と早川殿の一生

再評価高まる戦国大名とその妻

2017年大河ドラマ『おんな城主直虎』にも登場する戦国武将・今川氏真(いまがわうじざね)。

現代に至るまで「無能」という不名誉なレッテルを貼られていた氏真ですが、最近では彼を再評価する動きが見られるようになりました。その一方、氏真を愛し、生涯に渡って氏真を支え続けた糟糠の妻・早川殿について語られることは多くはありません。

今川氏真(集外三十六歌仙)

今川氏真は、「海道一の弓取り」と讃えられた駿河国の大名・今川義元の嫡男として誕生しました。

名家の跡取りとして何不自由ない生活を送る氏真は、16歳のときに早川殿を妻に迎えます。早川殿は、相模国の大名・北条氏康の長女です。戦国の世の習いである政略結婚により結ばれた縁でしたが、ふたりの仲はそれは睦まじいものでした。

ところが、順風満帆だった氏真の人生に暗雲が立ちこめます。1560年に、当主である今川義元が織田信長率いる織田軍によって討たれてしまったのです。そう、有名な「桶狭間の戦い」で起きた悲劇でした。

2ページ目 時代の寵児から一転、敗者へ

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる