着物・和服 - ファッション - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

夏ならではの透け感!男の着物・和次元 滴や「2017年 夏コレクション」が公開

夏ならではの透け感!男の着物・和次元 滴や「2017年 夏コレクション」が公開

現代版サムライスタイルを提案する男の着物ブランド 「和次元 滴や」。袴やマントなど男心をくすぐるアイテムの数々は、これまでの和装の概念をひっくり返すほどのインパクトを持っています。見た目のインパクトだけではなく素材への妥協なきこだわりも感じられるスタイリングには毎度驚かされます。

そんな和次元 滴やが「2017 SUMMER COLLECTION」を発表しました。夏コレクションということもあり、見た目や素材は全体的に清涼感のある印象。滴やならではのデザインセンスが光るコレクションの数々となっています。

それでは、和次元 滴や「2017 SUMMER COLLECTION」を見ていきましょう。

FSSC 拾漆丿零壱

異国情緒を感じさせてくれるダマスク調な植物柄が広がるレースの小袖と、コーディネートをシックにまとめてくれる墨黒の渋い色目の袴の『したたり』ライン。小袖から透ける臙脂色の襦袢は麻素材で、夏にさらりと着られます。

FSSC 拾漆丿零弐

粗い網目が特徴的な格子織の〈変形〉和慈羽袖。これまでにない素材は、紐で留める構造に再設計して仕上げられています。未来的な雰囲気すら醸し出してくれる羽織には、黒檀とターコイズブルーの蛇皮ビーズの『かなめ玉』をコーディネートして、夏らしくクールな印象に。

FSSC 拾漆丿零参

レースの透け感が涼しげなオフホワイトのレースのマントは、ナチュラルな雰囲気の中にも上品さが漂って、紳士に相応しい一着。ピンクの小袖とライトグレーのボーダーの袴と合わせて、優しげで華のあるコーディネートが誕生しました。

FSSC 拾漆丿零肆

拾漆丿零弐の和慈羽袖の下の『したたり』ラインのコーディネート。光沢ある小袖は、生成りの綿麻素材に、ベージュの細かなドットが爬虫類の皮革のように型押しされています。ターコイズブルーの襦袢と袴が夏気分を上げてくれそうです。

FSSC 拾漆丿零伍

補正なしでも着たときにかっこよく決まる構造に仕上げられている『したたり』の小袖、濃いグレー地に黒のヤシの葉柄が広がる渋い柄物の麻素材で仕立てられています。色違いの同柄が袖口や裾、掛襟でちらりと見えるデザインがクール。

FSSC 拾漆丿零陸

オーガンジーにデジタルポップなドット柄がプリントされた風土ローブは、まるで男の羽衣。薄くて透け感のある素材ですが、ポケットも付いていて機能的に仕上がっています。前開きを留めるターコイズブルーの『かなめ玉』が、爽やかなアクセントに。

FSSC 拾漆丿零漆

光沢感あるレースの上に、濃いグレーの起毛がフロッキー加工で浮き出た柄が目を引く陣パーカ。軽い着心地が魅力の陣パーカは、メッシュの裏地を付けることで強さと軽さが共存しています。ポケットや大きな後スリットが入って、機能的にも文句なし。

FSSC 拾漆丿零捌

今コレクション・拾漆丿零肆の配色違いの『したたり』コーディネート。ライトグレーと白のボーダーが涼しげな『したたり』袴は、透け感のあるからみ織で仕立てられ、風通しが良い上に汗やシワにも強い、夏にうれしい袴です。ピンクの小袖と赤×白の柄物の和地袢と合わせて、優しげでポップな印象。

FSSC 拾漆丿零玖

今コレクション・拾漆丿零陸の風土ローブの下のコーディネート。濃紺地に、山々が折り重なったような柄の青がよく映える袴は、無地の生成りの紐がナチュラルなポイントになっています。爽やかなブルーの小袖との組み合わせが、涼を感じさせてくれます。

FSSC 拾漆丿拾

大きめの薄グレーのサークル柄は、透ける白い麻に刺繍で描かれています。シンプルな素材で作ったシンプルな構造の和慈羽袖は、シンプルな羽織型と合わせて、きりりと清潔感のあるコーディネートで。

2ページ目 和紙素材のメッシュ織マントや撥水加工が施された袴など…

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる