着物・和服 - ファッション - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

夏ならではの透け感!男の着物・和次元 滴や「2017年 夏コレクション」が公開

夏ならではの透け感!男の着物・和次元 滴や「2017年 夏コレクション」が公開

FSSC 拾漆丿拾壱

和紙素材のメッシュ織マントは、夏にぴったり。和紙の乾いた質感とコシの強さが、ギラギラした夏の日差しの下で静寂な日陰をつくり出します。鉄紺の渋い色合いとクラシカルなデザインが男らしさを引き立てています。

FSSC 拾漆丿拾弐

うぐいす色の『したたり』袴は、撥水加工が施されていて、通り雨も多い夏場にうれしい袴。透け感があって軽くてしなやかで、シボのような織り模様も涼しげな袴は、色違いがあり、全3色が展開しています。ボタニカル柄の小袖とのコーディネートは、落ち着いた雰囲気です。

FSSC 拾漆丿拾参

うねるような模様の変り織の陣パーカは存在感抜群。エキゾチックな野性味溢れる柄に加え、立体感のあるフードや前立衿が、鎧のような力強さを感じさせてくれます。拾漆丿拾弐に羽織ると、雰囲気をガラリと変える強力な個性と魅力に溢れたアイテム。

FSSC 拾漆丿拾肆

FSSC 拾漆丿零漆の陣パーカと同素材ながら、やわらかな素材が身体に沿うので妖艶なイメージになる一着。袖口のボタンを外すこともできて、風を呼び込んで涼し気に着こなせます。前を留める竹の節と蛇皮ビーズの『かなめ玉』で、フロント部分を男らしく引き締めて。

FSSC 拾漆丿拾伍

コレクションのラストは、秋に向けたコーディネート。シースルーのベースに、細密なフリンジ加工が施されていて、まるで羽毛のような風合いに仕上がっています。一見すると、夏場にファー?とも思わせる素材は、軽い着心地が魅力。個性的なコーディネートを目指す方にぜひ着て欲しい一着。

6月21日(水)~7月4日(火)の期間では新宿タカシマヤでも販売が行われるとのことなので、気になった方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

2017 SUMMER COLLECTION – 和次元・滴や

 

RELATED 関連する記事