歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

豊臣秀吉は刀で傷をつけて手相を変え出世した?太閤にまつわる手相の謎

豊臣秀吉は刀で傷をつけて手相を変え出世した?太閤にまつわる手相の謎

豊臣秀吉といえば、まず知らない人はいないですよね。手の指が6本あったとか、木下藤吉郎という名前は創作だったのではとか、出自にまつわる前半生が不明であり、色々謎の残る人物です。

信長の草履を懐で温めて出世したなどさまざまな伝説がありますが、なかでも驚きのエピソードの一つに「刀で傷をつけて手相を変えた」というものがあります。

どういうことかというと、手相を「吉相」に変えて、出世を手にしたというんですね。後世に残る手形に明らかに不自然な線が入っているのでそのように推測されているようです。

画像を見ると、本当に不自然な線が残ってますね・・・。この縦に手のひらを貫く線は運命線といい、これが中指の根元まで伸びていると「天下筋」と呼ばれるまさに強運の線に。

豊臣秀吉 書状 手形 (戦国安土桃山時代)

本来はこれは指先まで延びることはないので、明らかに不自然です。


この運命線は、短い線が細切れにつながっている人もいますし、まったく見当たらない人もいます。

また、秀吉は手の平を左右に横切る斜めの一直線「ますかけ線」も現れており、それは運勢の浮き沈みが激しいけれど、掴んだ運は離さないといわれる縁起の良い相とのこと。

2ページ目 かの徳川家康も「ますかけ相」だった?

 

RELATED 関連する記事