観光・地域 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

かつて日本ではマイナーだったスキーの発祥とスキーの宣伝に尽力した「磯野霊山」その1

かつて日本ではマイナーだったスキーの発祥とスキーの宣伝に尽力した「磯野霊山」その1

スキーが初めて日本に姿を現したのは、明治42(1909)年12月17日のこと。オーストリアのフォン・レルヒ少佐が新潟県上越市高田の歩兵第五十八連隊付として配属され、スキーが送られてきました。

スキー技術習得のために当時の第五十八連隊長堀内文治郎少将を中心に委員会が作られ、委員たちが同地金谷山や南葉山で、レルヒ少佐の指導を受けました。その後、錬兵場や金谷山で、一般の兵隊たちが戦技としてのスキー技術の訓練を受けました。

翌43年2月19日、高田スキークラブが金谷山で発会式を挙げ、レルヒ少佐の指導を受けました。これが日本で最初のスキー団体です。高田を日本のスキー発祥地とするのはこのような事情からで、たちまち一般市民にまでスキーが広められました。

明治末期から大正時代にかけて地元の高田中学校・高田師範学校ともに雪国の学校体育としてスキーを正科として採用し、学校のグラウンドや金谷山などで生徒たちの指導を行いました。やがて高田市内の男子各中等学校、女学校・小学校はもちろん、周辺の中頚城郡の各学校にも、スキー授業が採用されて盛んにおこなわれるようになりました。

休日などは金谷山もスキーをする市民であふれ、女性スキーヤーも誕生したと伝えられています。ところで、当時のスキー、現在の我々が想像するようなスキーとは違い、一本杖のものでした。

2ページ目 子どもたちは着物で自家製スキー

 

RELATED 関連する記事