エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

地域活性化ギャグマンガ「ジモトがジャパン」が4月から連載史上最速のテレビアニメ化!

地域活性化ギャグマンガ「ジモトがジャパン」が4月から連載史上最速のテレビアニメ化!

地域活性化ギャグマンガ『ジモトがジャパン』のテレビアニメ化が決定しました。

同漫画は、林聖二さんが週刊少年ジャンプで2018年42号より連載中のもので、各都道府県ネタをテーマとし、毎回一話ずつ各とりあげています。

その漫画が連載から3か月という異例のスピードで、2019年4月より、テレビ東京系列ほか『おはスタ』内にて短編アニメとして放送することが決定しました!

漫画の主人公は、山形から大東京へとやってきた転校生の安孫子時生。彼の前に現われたのは「都道府拳マスター」を自称する謎の同級生・日ノ本ジャパンでした。47都道府県すべてを愛し、全国の土地で編み出した47の秘伝の拳・都道府拳を操り、各地のご当地ネタのギャグが炸裂します。

ご当地ネタの漫画といえば、実写映画化した『跳んで埼玉』や『お前はまだグンマを知らない』などといった漫画もよく知られていますが、この漫画は「地元をディスる(けなす)」描写は極力控えられており、そのため主人公も「ジモトを愛するキャラクター」として描かれています。

日ノ本ジャパンの声を担当するのは、『名探偵コナン』での江戸川コナン役で知られる高山みなみさん。その他の声優陣に関しては、まだ公開されていませんが、超豪華声優陣が出演すると思われます

ネット上では、はやくもネタバレサイトがうまれるなどの反響ぶりで、読者やファンの間では、原作のご当地ネタがアニメでどう描かれるのかが注目されています。

読者の皆さんの住んでいる地域がどのように描かれるのか、今から楽しみですね。

コミック情報

ジモトがジャパン

JCコミックス1巻好評発売中!
2巻2019年4月4日(月)発売予定!
定価:本体440円+税
© 林聖二/集英社

参考サイト

 

RELATED 関連する記事