歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

大谷吉継は友のために、鳥居元忠は主君のために…それぞれの想いのために関ヶ原の戦いで散った2人の武将たち

大谷吉継は友のために、鳥居元忠は主君のために…それぞれの想いのために関ヶ原の戦いで散った2人の武将たち

慶長5年(1600)の9月15日に関ケ原の戦いが勃発しました。日本が東軍と西軍に分かれて戦いを行った大規模な戦でした。

また、この戦いの勝者が天下の覇権を握れるということもあり、「天下分け目の戦い」とも称されています。

そんな関ケ原の戦いで各大将、石田三成と徳川家康の勝利のために命を賭して戦った2人がいました。2人の名前は三成の友である大谷吉継と家康の忠臣、鳥居元忠です。

今回は吉継と三成、元忠と家康の関係と感動するエピソードを紹介したいと思います。

2ページ目 大谷吉継と石田三成の友情物語!「友のためにこの命捧げよう!」

 

RELATED 関連する記事