観光・地域 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

頼朝公の挙兵を前に一族が敵味方に訣別する葛藤と決断を描いた歴史演劇「鎌倉四兄弟」とは?

頼朝公の挙兵を前に一族が敵味方に訣別する葛藤と決断を描いた歴史演劇「鎌倉四兄弟」とは?

まとめ・郷土史の発掘と再評価

これまでの源平軍記は往々にして頼朝公の視点からのみ物語が進められ、一度は石橋山の戦いで頼朝公を撃破するものの、その後あっさり敗れ去る「序盤の中ボス」くらいの扱いが多かった大庭景親はじめ鎌倉一族。

彼らは代々受け継いできた鎌倉の地を頼朝公に奪われ、頼朝公に味方した一族たちもやがて相模の地から散り散りに去っていきますが、それでも彼らが全力で守ろうと闘い抜いた大切なものは、間違いなく鎌倉の歴史として土地に刻み込まれています。

演劇の方は30数回の公演をもって休止となりましたが、この物語をきっかけとして多くの脚本が書かれ、演劇を通した人的交流の活性化により、既存活動への触発や、新たな活動も生まれています。

こうした郷土史の発掘・再評価による地域振興の試みが今後より一層活発化し、地元の魅力に気づき、愛着を持ってくれる方が増えることを願っています。

 

RELATED 関連する記事