グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

モーニングサービス発祥の地「愛知県東三河」でユニークなスタンプラリーが開催中

モーニングサービス発祥の地「愛知県東三河」でユニークなスタンプラリーが開催中

@
2019/01/10

喫茶店で飲み物を一杯頼むと、トーストやゆで卵などの軽食などがついてくる、朝限定のうれしいサービス。今では大手チェーン店でも見られるおなじみのサービスとなっていますが、その発祥は喫茶店の激戦区、愛知県だといわれています。

1950年代、繊維業が盛んであった愛知県一宮市で、商談などで朝から集まった人のために店がピーナツやゆで卵をつけたこと、また、豊橋駅前にあった「仔馬」という喫茶店において、従業員のまかないとして出していたパンを、客に対しても提供するようになったのがモーニングサービスの発祥であり、一宮と豊橋で同時発生的に誕生したといわれています。

喫茶店サービス「モーニングサービス」を提供している店舗などでつくる東三河モーニング街道研究会(中村誠孝会長)は、「コーヒーの日」の2018年10月から、東三河5市の加盟店38店舗でスタンプラリーを始めています。

このスタンプラリー、今回で8回目を迎え、地域にも徐々に定着、研究会は喫茶業界と地域の盛り上げに期待を込めています。

2ページ目 スタンプラリーは2019年8月31日まで実施

 

RELATED 関連する記事